ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 稽古時間の変更について | main |
2019.02.20 Wednesday

ひとりごと

滋賀医科大学合気道部への寄せ書き

 

2018年度

追悼に寄せて ― クララの教え

 

 およそこの地球上に住む生きとし生けるものは皆、本人が意識しているかしていないかに関わらず、お互いに何らかのかたちで助けたり助けられたりの支え合いの中で生きているのではないでしょうか。

 合気道の稽古においてもしかりで、「師は弟子であり、弟子は師である」と言いますが、私もその考えのもとに合気道の稽古の前と後には必ず道場の皆さんと「お願いします」「ありがとうございました」と声を掛けながら礼を交わすようにしています。

 去る四月二十六日、我が家の愛犬クララ(愛称:クーちゃん)が心不全によりかけがえのない命を終え、天国に旅立ちました。行年十歳と一ヶ月の生涯でした。今から思えば大変長いようで短い年月ではありましたが、その間二度に渡る手術や心臓の病と懸命に闘いながら家族の一員として深い絆で結ばれ、私たち家族に思い出のいっぱい詰まったたくさんの幸せを与えてくれました。

 

帰帆島の散歩は楽しいな!
 帰帆島の散歩は楽しいな!

 平成二十一年四月に合気道の道場を開設して以来まる九年もの間、暑い日も寒い日も一日も欠かさずに、亡くなる前の日まで合気道の稽古に出かける私の送り迎えをしながら私を支えてくれました。

 またクララは人生で一番大事なこと、どんな小さな命をも大切にそして幸せにしたいということや、心の澄んだ素直な気持ちで周囲に接し、そして相手と仲良くすることの大切さを身をもって教えてくれていたように思います。

この教えはまた合気道の教えにも通じるものがあり、私が現在そのような心境に目を向けられるようになってこられたのもクララの献身的な支えと導きの日々を抜きにして語ることはできません。

この二月に新しい団体「合気道夕照会」を立ち上げましたが、クララはその様子を見とどけ、自分の使命を終えたかのように四月二十五日に心不全で様態が急変し、翌二十六日の夜9時25分に家族に見守られて息を引き取りました。

なおクララの命日四月二十六日は奇しくも合気道開祖、植芝盛平先生の命日と同じ日に当たり、不思議な因縁を感じています。

Powered by
30days Album